スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/29 上ホロカメットク山(1920m)~十勝岳(2077m) ②

上富良野岳山頂直下には大きな雪渓が残っていました。
雪渓手前にはお花畑が!
エゾカンゾウかな?
日なたではチングルは終盤
キバナシャクナゲが満開!
本当の登山道は左上だけど、涼しい雪渓歩きの方が気持ちがいい!
暑いので山頂直下の大きな雪渓を歩く
雪渓の谷側に上がると富良野岳(奥)と三峰山(手前)
三峰山は名前の通りピークが三つ…だから登らない。
雪渓の谷側からは富良野岳と三峰山
登山口から続く道、う~ん登ったね!
登山口の凌雲閣から続く道
途中で尻ボを楽しんでタイムロスがあったから上出来かな?
途中尻ボで寄り道したけどほぼ2時間で到着!
富良野岳と雲海、奥には芦別岳と夕張岳も見えました。
富良野岳と雲海
右奥に小さくトムラウシ、左には目的地の十勝岳、そしてこれから向かう上ホロカメットク山
左奥に十勝岳、中央は上ホロカメットク山、右奥にはトムラウシ
安政火口と見事な雲海、遠くには暑寒別岳の山頂も見えました。
安政火口と見事な雲海
写真撮影が終わったらお隣の上ホロへGO!
登山道の脇にはお花いっぱい!
上ホロへの登山道はお花がお出迎え!
迂回コースも考えたけどまだ先があるから一気に下ります。
急斜面下に上ホロ避難小屋と奥に目指す十勝岳
急斜面に出来た大きな雪渓とお花畑!
尻ボで一気に滑り降りようか迷ったけどね…
上ホロ避難小屋の水場の上には大きな雪渓
お腹が空いたので、手持ちの食料でお昼ごはん!
カップ麺用のお湯を沸かしている間に息子は…
また尻ボ(笑)
お湯を沸かしている間に尻ボ(笑)
昨年の秋に新しくなったドアをメンテナンスしていました。
みんな大事に使おうね~
避難小屋のドアのメンテをしていた。
お花畑を眺めての山カップは格別!
避難小屋の周辺はお花畑
カップ麺とパンと山コーヒーを楽しんだら出発!
息子のザックを避難小屋へデポして十勝岳まであともう少し?と言い聞かせます(笑)
目標の十勝岳が近くなってきたゾー


つづく


スポンサーサイト

6/29 上ホロカメットク山(1920m)~十勝岳(2077m) ①

6/29 天気予報は晴れ!
息子も乗り気なので少しだけ遠出して富良野方面へ!

自宅4時半出発
下を走って十勝岳温泉登山口に7時10分到着。
準備をしていると…あれ?
日焼け止めが…
息子の登山帽が…
着替えのTシャツが…
そして自分の登山靴に足を入れたら靴底が!
剥がれた(笑)

一応持って来ていた冬靴で登山開始~
なんか蒸れて臭くなりそうな予感が…

色々あって出発は7時50分
まだ残雪があるんだね~
いきなり雪の上を歩きます。
スタート直後なんだけど雪上歩き
人が一杯の登山道。
遠くに雪渓をトラバースする姿が見える
安政火口下の沢は雪に埋まっていた。
ここを下れれば帰りは楽かもしれない?
安政火口下り沢は雪で埋もれている
意外と快適な雪渓歩き
D尾根取付きの雪渓をトラバース
D尾根に出るとド~ンと富良野岳
富良野岳! いいね~
そろそろかな?とカミホロ分岐を探します。
そろそろ上ホロ分岐かな?
見っけ!頭だけ出た標識、2mくらいの積雪かな?
皆さん富良野岳の模様です…少し不安
皆さん富良野岳なのね…ちょいと不安
雪渓を少し登って休んでいたら息子がどこ行くの?
休憩ついでに試しスベリ(笑)
今回は尻ボを楽しむのも目的の一つでした。
幼稚園の年長さんの頃に息子が作った「ななつぼし号」
尻ボ弐号機は、ななつぼし号(笑)
歓声と奇声が(笑)
声をあげて喜ぶ息子!
あまりにも楽しそうなのでお父さんも参戦!
いい歳のおじさんも楽しいのです。
何度か登り滑りを繰り返しました。
お父さんも滑って楽しい(笑)
雪渓の終わりでピンクテープと階段発見を発見!
コース取りは大丈夫、一安心して小休止です。
ピンクテープと階段を見つけて一安心
ここでまたもや問題が発覚!
途中で購入した山頂用おにぎり、パン、バームクウヘン、飲み物がない…
車の中だね~
前日に詰めた食料と飲み物しかないけど大丈夫か…
でもとりあえず、写真を撮影(笑)
基本の斜め45°どう?
斜め45度を意識して…
長い長い階段を上ると先ほど滑った雪渓が見えます。
帰りが楽しみだね!
尻スベリした雪渓が眼下に見えます
ここまで登ると、一気に視界が開けて
迫力の安政火口と、目指す十勝岳のトンガリが見えます。
迫力の安政火口と尖がった十勝岳がドーン
富良野岳方面
青と緑と白のコントラストが最高!
緑の山肌に雪渓の白が映えるねえー
三峰山の稜線には縦走する登山者が多数見えます。
三峰山の稜線には沢山の登山者が見えます。
そして通過点の上富良野岳へGO!
まずは通過点の上富良野岳へGO


上ホロ山頂にて、カミホロ分岐を見逃してしまい、富良野岳の肩まで行ってしまい三峰山経由で登ってきた登山者が何組かいた模様です。



つづく

最高の一日!

6/29 快晴の中、息子と二人でプチ縦走!

青い空にテンションMAX!
テンションMAX!

目標はあのトンガリ!
今日の目標はあそこ!

どこを見ても最高の景色!
最高~

目標達成!
息子と思いっきり楽しんだ最高の一日でした~
目標達成~


詳細は後でアップします。

6/22 真白なお山

6/22 久しぶりに息子と一緒に山登り!
明日は、出社予定があるので本日決行!
天気予報では曇りでした…

本日一番乗り、蜘蛛の巣だらけの登山道を歩きます。
本日一番目!
晴れなら、右手に支笏湖、左に苫小牧の海岸線…
でもね~なんも見えん(笑)
後ろ姿に元気がないね…
斜面には白い花がいっぱい咲いていた。
マルバシモツケだと思う…
登っても、登っても真白なんだね…
景色が見えないので黙々と歩きます~
後ろ姿も大きくなったわー
東山山頂直下の斜面、雲の中へ続く道。
西山、東山分岐でも真白け~
40分で東山山頂到着、ここは何処?って感じ(笑)
少しだけ遅れて息子君到着!
記念撮影、気温6℃寒い…
霧雨?朝霧?ボカシを入れなくても大丈夫!
風向きなのかな?今日の山頂は硫黄の匂いが結構キツイし、今なら誰もいないから屁をしてもOKだよ!
顔を隠さなくてもだいじょうだわー
山頂からの景色は、なんも見えない(笑)
どの方向も同じなので、溶岩ドーム方面…
心の目で見てね~溶岩ドームがドーン
白いお花畑が一杯、多分マルバシモツケ?
西山方面には白い花のお花畑
樽前山神社奥宮到着!
安全祈願ともう少し晴れパワーをお願いした。
本日は小食…息子も一緒なので張り切っておやつ、水、もろもろ沢山担いできたのにになぁ~
バウムクーヘン撮影するの忘れた!
朝のモグモグタイム
7時10分下山
駐車場はいつの間にか車が一杯!
さすが人気の山だね!

途中で咲いていた花々
黄色のお花はウコンウツギ
白い花はマルバシモツケ
エゾイソツツジ
あれ?貴女は!
やっぱり貴女でしたか~可憐だね!
白い貴女も発見!

おしまい

6/1 終ってしまった…

6/1 小6の息子最後の運動会は朝から快晴!
朝から強い日差をジリジリと感じる~
朝から快晴~気持ちいいね!

前夜より仕込み早朝から作ったお弁当も今年が最後だね…母ちゃん6年間お疲れ様でした!
最後の運動会弁当…

低学年の走りをみて息子の昔を思い出し…
高学年のリレーや騎馬戦を観て成長を実感!
6年間楽しませてもらったよ~ありがとう
この日の最高気温は29℃そりゃ暑いわー
プロフィール

TOSIPAPA

Author:TOSIPAPA
食べる事とお酒が大好きな49歳 男性
ピークハント、タイムにはこだわらず
山頂や森の中での飲み食いに幸せを感じる変な登山者
かなりのメタボ系 

北海道 札幌市在住 


登山、キャンプ、イベント
息子との出来事、食べ物、
その他なんでもあり不定期な更新です。

息子が小2の時に一緒に樽前山登山へ
それ以来独身時代やっていた登山熱が再燃

息子も中学生になりお父さんと遊んでくれないので
週末は一人さびしく近くのお山へ!


夏は山に、キャンプ
秋も山
冬、春はたまにスキーとインドアレポートとぼやきが中心かな?
更新もかなり気まぐれ…

名言・格言集
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

累計カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。